コレクション

Web には情報があふれています。 自分がどこを見ていたのか忘れてしまい、たくさんのタブやウィンドウが開いたカオスの中から実用的な情報を見いだすのは至難の業です。 コレクション機能はこの課題に対処するために考案されました。クラウド対応のインテリジェンスと直感的なインターフェイスにより、Web を閲覧しながらコンテンツを収集し、整理し、共有することができます。 Word や Excel などのアプリケーションへのインテリジェントなエクスポートを使うと、コンテンツの論理的な構造を維持しながら、冗長で雑多な文章を出典付きのプリントに作り変えたり、長い買い物リストを値段別に並べ替え可能なスプレッドシートに作り変えたりすることができます。

追跡防止

多くのお客様は、自分のデータが Web の各サイトでどのように使用されているのか把握するのが難しく、閲覧しているときに自分のデータを十分に管理できていないと感じているようです。 追跡防止は、直接アクセスしていない Web サイトによって追跡されることを防ぐために設計されているため、オンライン データをより細かく制御できます。 この機能は既定で有効になっているので、より安全な閲覧エクスペリエンスをすぐに開始するために、操作を行う必要はありません。 これは Microsoft Edge がより透明性を高めて詳細に制御することを目指している方法の 1 つです。

Internet Explorer モード

今日の企業レベルのお客様の多くは、複数のブラウザー ソリューションに依存しており、ちぐはぐで混乱を招く原因となっています。 Internet Explorer モードは、パブリック インターネットにおけるモダンな Web エクスペリエンスを損なうことなく、お客様の社内サイトについて、IE11 の完全な互換性を Microsoft Edge にもたらします。 Internet Explorer モードは、レガシ サイトにアクセスする必要があるユーザーにシームレスなエクスペリエンスを提供します。 Internet Explorer で個別のウィンドウを開くのではなく、次のバージョンの Microsoft Edge では、レガシ サイトを直接開いてアクセスすることができます。